装着するだけ。iPhoneを360度カメラに変身させるアイテム

筆者:阿久津 碧

近頃は360度カメラで撮影された全天球写真をSNSなどで目にする機会が増えてきました。そういった写真の撮影には通常専用の360カメラを準備する必要があります。しかしわざわざ360度カメラを用意しなくとも、スマートフォンと組み合わせることで、360度写真を撮影する方法があるのをご存じでしょうか。今回はそんな素敵なアイテムをご紹介します。

KRAVASの提案する装着型360度カメラ

KRAVASが発表した「360°VIEWカメラレンズ」はクラウドファンディングがきっかけで開発された装着型360度カメラです。同商品はクラウドファンディングにおいて100%の達成率を越えた注目のカメラですが、いくつかの魅力的なポイントが存在します。

KRAVAS – 360°VIEW 全方位カメラレンズ 【KRAVAS 公式サイト】

装着がとにかく簡単

「360°VIEWカメラレンズ」はとにかく装着が簡単です。iPhone本体に被せるだけで装着が完了し、撮影が行えるようになります。iOS専用という部分には注意が必要ですが、裏を返せば、iPhoneユーザーにはかなり受け入れられやすい商品とも考えることができますね。

ペアリング設定や本体の充電といった手間もないので、機械に対して苦手意識を抱いている人でも安心して使うことができます。Androidユーザーは機械に強く、iPhoneユーザーは苦手という傾向も何となくあるので、そこも追い風になりそうです。

編集も気軽に

簡単なのは装着方法や使用方法だけではありません。「360°VIEWカメラレンズ」の専用アプリ「Panoclip」を利用すれば、撮影した写真の編集も簡単に行うことができます。お馴染みの球体型360度写真から始まり、スワイプや回転を駆使すれば様々なアングルから写真を楽しむことができます。お気に入りの角度を見つけたら保存して、SNSなどでシェアしてもいいですね。

気軽に購入できる価格設定

「360°VIEWカメラレンズ」はその価格も魅力の一つです。そもそもクラウドファンディング上の「安価な360度カメラが欲しい!」という声に応えて開発・販売された商品なのですが、その価格は驚きの4,860円! 安価な360度カメラは市場にいくつか出回っていますが、5,000円を切る商品というのは正直あまり知りません。予算はかけずに360度カメラに入門してみたいという人にもオススメできる逸品ですね。

本格的な性能

安価だからといって性能が悪かったり中途半端な仕上がりであったりしたら安物買いの銭失いで意味がありません。「360°VIEWカメラレンズ」はその点も心配ありません。通常の360度カメラは前後に付いている二つのレンズで別々に撮影を行い、ステッチングと呼ばれる処理で二枚の写真を繋げます。

「360°VIEWカメラレンズ」も仕組みは同じで、端末側のカメラでフロント側を撮影し、iPhoneの背後カメラを広角にすることで反対側の写真を撮影します。そうして撮影された別々の写真を一枚の360度写真に編集することで、全天球写真の作成を実現しているのですが、完成した写真の精度は高く、安価な360度カメラで撮影したようには見えません。

パノラマ写真のように撮影者がぐるっと一周回る必要がないので、既製品の360度カメラを使用するのと同じ感覚で撮影が行えるのも嬉しいところです。

形を上手に利用すれば撮影の幅も広がる

「360°VIEWカメラレンズ」は四角い形状をしており、それを活かした撮影方法を模索することもできます。例えば地面にiPhoneを逆さまに置いてセルフタイマー撮影をするなどの方法が一例ですが、これは地味に使い勝手が良さそうです。

既存の360度カメラで人気な機種は丸みを帯びたデザインの物も多く、三脚などを使わない限りは自立することが難しいということも珍しくありません。集合写真などを撮影する場合にも、本体の他に自撮り棒や三脚を準備する必要が出てくるので、どうしても荷物が余計に一つ増えてしまいます。

「360°VIEWカメラレンズ」はそういったデメリットが存在しません。そもそもスマートフォンの他に「360°VIEWカメラレンズ」を持ち運ばなければいけないという点で既に荷物が一つ増えているという考え方もできますが、これは360度カメラを携帯した場合も同じことが言えそうです。

VRにも対応

「360°VIEWカメラレンズ」で撮影したデータはVRヘッドセットを使用することでVR体験することも可能となっています。全ての360度カメラがVRに対応しているわけではなく、安価な機種だと対応していないということも多いので、正直この部分はかなり驚きです。

Androidユーザーには厳しい現実

前述したとおり「360°VIEWカメラレンズ」はiOS専用の装着型360度カメラとなっています。いかに最新式であっても、いかにiPhoneに形状が酷似していようとも、Android端末のスマートフォンを愛用しているユーザーは利用することができません。

対応機種や端末を絞り込むことで低価格での販売を実現しているという見方もできるので、一概にこの点をデメリットとして上げるのは気が引けますが、裏を返せばこの部分以外には目立った問題がないとも言うことができます。

日本はiOSのシェアが圧倒的に多いのでこの問題の影響をあまり受けないというのも注目したいところです。ただし世界的にみるとAndroidシェアの方が若干高いので、販売地域や販売戦略を間違えると、大変なことになるかもしれません。

装着型カメラ商戦も激化するか

今回ご紹介している「360°VIEWカメラレンズ」以外にも、スマートフォンに装着して使用する360度カメラはたくさん存在します。有名なところで挙げれば中国の企業が手がけているInsta360シリーズがあります。同シリーズは早くからスマートフォンに直挿しするタイプの360度カメラを多数展開しており、人気を博していました。

ただしInsta360はスマートフォン側のカメラを利用するのではなく、完全に装着した端末側で撮影を行っていたので、広義では違うタイプと考えることもできます。スマートフォン側の容量だけを利用するのか、あるいは本体機能も利用するのかでユーザーの好みも分かれそうです。

「360°VIEWカメラレンズ」のようにスマートフォン側のカメラも使うような機種は、単純にレンズ一枚分のコストをある程度カットして、安く開発することができるというメリットが存在します。一方で、スマートフォン側のカメラがベースとなるので、Insta360シリーズほどレンズにこだわることはできません。

こう考えてみると、やはり撮影写真の仕上がりという面では違いが顕著に現れるかもしれませんね。この辺りは予算や好み、使用用途の領域なので、万人に当てはまる最適解というのは存在しないでしょう。デザインや直感なども踏まえて、一番自分が欲しいと思った方を選んでみてください。

ですが、「360°VIEWカメラレンズ」の価格は非常に魅力的なので、興味があるという方は、気軽に購入してみても良いのではないかと個人的には思います。360度写真を気軽に撮影できる安価な360度カメラという意味では、革命的な商品であることは間違いありません。

終わりに

「360°VIEWカメラレンズ」は全てのiOS端末に対応しているわけではなく、現状では「iPhone7、8plus」、「iPhone7、8」、「iPhoneX、Xs」のみに対応しており、それぞれ価格は同一となっています。購入の際には自分の機種に端末側が対応しているかを事前に必ず確認するようにしてください。iOS端末自体もレンズ数が増えたり画質が上がったりしているので、今後はそれに合わせて360度カメラ側も驚きの進化を遂げていくかもしれませんね。

Wrapで度々ご紹介しているTHETAとの比較動画もあるので、こちらもご覧になってみてください。

Like@Wrap
Follow@Wrap

スポンサーリンク